(これは住んでいる町で2020/01に発行された自治会報の原稿を一部書き換えたものです)

悪質なリフォーム業者が横行し、政府などで注意を呼び掛けています。20200204リフォーム詐欺
「無料で調査を行います、災害で、保険が、」等と持ち掛けて効果の無い工事を行い
後で高額を請求される場合が多く、
中には災害後1年以上たってほっとしたころに突然くる場合もあるそうで、
「今すぐ工事しないと危険です」とか「たった今なら幸運なことに格安で工事できます」等判断を急がせる事が多いようです。
私自身、建築関係の端くれとして40年以上仕事していますが、私の目から見てもこう言った業者は「建築」のプロではなく
「客の不安を煽ったり、判断を急がせて他者への相談をさせないように話を持っていく」プロだと思います
そのような「プロ」に対抗するための相談窓口として
・局番無しの(188)[消費生活センター]午前十時から午後四時迄)
・(#9110 [警察相談電話]平日の朝八時半から夕方の五時十五分まで)
・(0570-016-100 [住まいるダイヤル]平日午前十時から夕方五時まで)
等でご相談ください


また[消費生活センター]では不審な投資話やサービス、欠陥商品について
[警察相談電話]ではストーカーや暴力、交通問題、サイバー犯罪等についても相談に乗ってくれるそうです
追記:
国民生活センターの関連記事

警察相談窓口

消費者庁(悪質商法の情報等)